求人応募の前に理学療法士の仕事について知っておこう

運動機能の回復

悩む男性

福祉業界で活躍している人たちの中には、「理学療法士」と呼ばれる人たちがいます。少しでも福祉業界に携わったことがある人なら1度くらいは耳にしたことがある職種ともいえる理学療法士。作業療法士や言語聴覚士などとセットで耳にする機会が多いです。
理学療法士とは、ケガや病気などが引き金となり体が不自由になってしまった人たちのサポートをする仕事です。関節を曲げたり立ち上がって歩いたりなど、健康な人なら簡単にできるようなことでも、障害を抱えていると困難になります。そういった問題を様々な療法を利用して治していく、運動機能を正常に戻すために働きかけるのが理学療法士という存在です。
療法には運動療法や物理療法などがあります。すべての人に同じ療法が通用するかといわれるとそうではなく、一人ひとりに合わせた方法で治療を行うことで機能回復スピードを速めることが可能です。そのため、どの方法が適しているのか見極めるのも理学療法士の腕の見せ所なのです。
さらに理学療法士が活躍できる現場はリハビリ現場だけではありません。たとえばスポーツ選手に必須となる筋力トレーニング。これのアドバイスや指導などを行うこともあるのです。より効果的なトレーニング法を考案したりプログラムを組んだりするのが仕事のため、誰かの役に立つような仕事がしたいと考えている人にぴったりの仕事です。
理学療法士になるには専門の資格を取得している必要があります。資格がなければ求人に応募することができないため、理学療法士を目指している人はまず資格取得のための方法を知ることから始めましょう。
働くとなればそれ相応の知識や技術が必要になるので、誰にでも務まるような仕事ではありません。そのため今のうちに資格を取得しておけば、就職の際に非常に心強い武器として利用することができます。

資格取得に向けて

看護師と子供

理学療法士の求人に応募するには、専門学校などに通い勉強し、国家資格を受験してそれに受かる必要があります。4年制の大学や3年制の短大などを卒業すれば受験資格がもらえるので、受験に向けてしっかり知識・技術を磨いておきましょう。

Read more

勤務先について

リハビリする患者と看護師

病院や診療所、障害児の通所施設やリハビリ施設など、理学療法士の求人は至るところにあります。またスポーツ業界で働くことも可能です。スキルアップを図ることで、憧れのスポーツ選手の役に立つ存在になれる可能性もあるのです。

Read more

ニーズが高まる

リハビリセンター

今後は、障害の壁を乗り越えるために「支える医療」が必要になるといわれています。そのためには理学療法士の存在が必要不可欠で、比例して求人数やニーズも増加していくと考えられています。

Read more

オススメリンク

看護師転職サイトの口コミをチェック!|看護師求人・転職サイトランキング
看護師の求人は札幌で探してみよう【医療ワーカー】
理学療法士のお仕事探しに便利な求人情報サイトといえば|PTOTST WORKER
理学療法士の学校に通うならこちらへ|臨床福祉専門学校
転職で役立つナース人材バンクの求人情報をゲットする方法はとってもカンタンです。これを利用して仕事を見つけましょう。

↑ PAGE TOP